宮崎県都農町のふるさと納税

団体名
都農町
市区町村団体コード
454061
ふるさと納税金額
79億1481万8710円(1位)
ふるさと納税件数
43万0018人(2位)
納税件数当たりの納税額
1万8405円
人口
1万0808人(1258位)
人口当たりの納税額
73万2311円

【「宮崎県都農町のふるさと納税」農業革命の芽を育もう】

地方への移住を検討する人が多くなった昨今。
都会暮らしから、のんびりとした
横の繋がりを楽しめる田舎へと
魅力を移す方は年々増えてきた様に感じます。

緩やかな田舎暮らしで
筆者が良いと思うのは宮崎県。

今回はそんな宮崎の都農町のふるさと納税について
綴りたいと思います。

”宮崎県都農町について”


●都農町の返礼人気品

都農長の返礼品はお肉好きな方には
もってこいの品が多い。

他の町では農産物に水産物。
そして果物といった、バラエティーに富んだ品々が多い印象。
都農町は返礼品の殆どが、宮崎県産のお肉類。

鳥肉、豚肉、最高級の牛肉と
育ち盛りの世代を持つ家庭、又
外国産の肉類に信用を置けない方には
非常に有難い返礼品の数々です。


中でも特に人気が高いのは、やはり宮崎牛。
ランキング上位を独占しています。

宮崎牛は牛肉らしい臭みと
柔らかい歯応えに感銘を受けた記憶があります。

お肉好きには堪らない品でしょう。


●都農町はこんな所


筆者もこの地を訪れ
滞在した事も過去にあります。

良い意味で、百姓の町という印象を受け
イベント開催、新しいアクションなど
地方行政の頑張りが垣間見える町であったと記憶しています。

山々に囲まれ、少し南に下れば県庁がある。
スローな暮らしにはもってこいの土地と感じました

人口は2017年時点で約1万人。
高齢者の割合は36%と全国平均より約10%も高い
高齢化の地域です。

土地の自治体を表示するサイトによっては
過疎化地域と表現しているサイトもあります。

そして宮崎の人間は
日本一穏やか、且つ縦のつながりを持たない人達。
そんな印象を持っています。

こういった平和な地域に
お金が回って欲しいと思うのが筆者の考えでもあるのです。


”都農町のふるさと納税と自治のプロジェクト”

都農町のふるさと納税は2017年度で
約80億円もの寄付がありました。
件数で表せば43万件。

全国的なふるさと納税の寄付額で言えば
平均的な数字かもしれません。

この寄付金の使い道は
他の町と同じく、観光や地域産業に当てられるわけですが

筆者が注目して居るのは
国際交流事業のプロジェクト。

ニュージーランド企業との連携で
異文化の吸収とともに人材育成に繋がる政策です。

農業大国でもあるニュージーランドの
技術、文化を学べるのは子供ならず大人でも感銘を受けます。

又、英語圏でもある為
学生時代から優秀な存在を育てることができる。
そんな国をまたいだプロジェクトを応援したいと考えます。

”まとめ”

農の都と書く宮崎県都農町。
今後の日本の農に新しい風を吹き込む町となって欲しいと期待しています。

農の規模は国土に匹敵するものがありますが
こういったふるさと納税の寄付を踏み台に
日本産のブランドが世界で根ずく様な改革を筆者は夢見ています。


 

過去のふるさと納税金額

2016年
納税金額
50億0869万4641円(4位)
 
納税件数
25万7268人(3位)
 
2015年
納税金額
7億0338万7971円(48位)
 
納税件数
3万6862人(35位)
 
2014年
納税金額
388万0000円(763位)
 
納税件数
202人(485位)
 
2013年
納税金額
139万5000円(1032位)
 
納税件数
67人(388位)
 
2012年
納税金額
87万6000円(1092位)
 
納税件数
104人(194位)
 
2011年
納税金額
28万8000円(1381位)
 
納税件数
17人(674位)
 
2010年
納税金額
241万1200円(542位)
 
納税件数
39人(297位)
 
2009年
納税金額
18万7000円(1438位)
 
納税件数
8人(970位)
 
2008年
納税金額
34万6000円(1200位)
 
納税件数
11人(797位)
 
※人口は平成28年12月31日時点での情報